カテゴリ:word( 16 )

" Old fogey almost did it " Tom Watson

記者会見をニュースで見た程度なので非常に浅いですが、トムさんと新聞記者のやりとりがよかったなあ。
記者さんの質問が「我々の為に(『助ける為』だったかな?)明日の見出しを考えてくれませんか?」
で、トムさんの答えが上のヤツ。
トムさんの言葉だけが取り上げられますが、これも記者さんのこの質問があったからこそ。

日本人には無い"キレ"でしょうか。
[PR]
by fujita-ryr | 2009-07-21 20:13 | word


こくはくして4ヶ月

いただいたおへんじが


スイマセン


あやまらんでください

わるいことしたわけじゃないのに
[PR]
by fujita-ryr | 2006-04-09 19:32 | word
思いが伝わらないなら、どうしますか

思いが分からないなら、どうしますか



あきらめますか
[PR]
by fujita-ryr | 2006-03-05 19:03 | word
『彼氏の誕生日を思い出せない女性のみなさん!!バレンタインデーで、贈り物を!!』

D&DEPERTMENTのGIFT PROJECTのコピーより)

これとは対照的なMeijiのCMも好きです。
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-09 23:01 | word
今日は

一段と

寂しかった
[PR]
by fujita-ryr | 2006-01-15 20:25 | word
先週の土曜日、行ってきました地中トーク佐々木正人氏@直島。
悲しいかな、やはりほとんど理解できず...
内容が気になる方は佐々木さんの本を。
ただ、非常に印象に残った一言がありました。

『自分が死んだら世界が終わるなんて、そんなのおかしいよ。ぼくは死んでも世界はずっと続くと思ってる。』

堂々と言い放った、佐々木さん。

ガツンときました。
[PR]
by fujita-ryr | 2005-12-14 23:22 | word
よるが恐い

何も起こらないよるが恐い

ひらがなのよるが恐い

ただ恐い
[PR]
by fujita-ryr | 2005-11-27 21:28 | word
忘れないうちに、先日の本村ラウンジレクチャー-graf服部滋樹-について。
レクチャーの前に服部さんからの質問。『感性を豊かに保つ方法とは?』
いきなりこんな質問をされたもんですから頭の中はこればかりを考えてしまい、正直レクチャーは... そんな中なんとか聞き取ったお言葉をいくつか。
『100%のモノづくりとは、人が触れられないのでは?例えばステンレスで出来たピカピカなカップがあるとする。それに触れて自分の指紋がベッタリついてしまうと、それは100%じゃ無くなってしまう。100%はありえないのでは?必ずどこかに隙間があるはず。もちろん100%を目指すけど、その隙間を大切にしたい。そしていかにその隙間に入りやすくするのがgrafである』
『ライフスタイルとは自分をよく知る事である』
『モノは必然的に生まれ、必然的に消えてゆく』
で、ますますぼくの頭の中はパンク寸前へ。
そして最初の質問の答えの時間。服部さんが会場内を回り答えを聞いていきます。何人か聞いた後、なんとマイクを渡され答えるハメに!

長くなりそうなのでこちらを
[PR]
by fujita-ryr | 2005-10-30 23:00 | word
今まで祖末にしてきました

だけど
自分が好きです

これからは
ちょっとだけ大事にします

だって
自分しかいないしね
[PR]
by fujita-ryr | 2005-10-20 00:07 | word
『人は分かり合えないけれども、絶望したモン負けだと僕は思っているから』

レイ ハラカミ
[PR]
by fujita-ryr | 2005-09-29 22:47 | word
←menuへ