<   2004年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日でやっと大方の仕事が終わり、ほっとしています。明日も仕事はあるのですが細かい事だけなので頭の中はだらけております。今日は琴南へ行ってたのですが、山のほうでは雪が積もっていました。暖冬と言いつつも降る所では降っているんですね。雪を見ながら思い返すと今年は『白いモノ』にハマりました。コーヒーカップ、パンツ、スニーカー、モリカゲシャツ、カバン、本、など身の回りのモノは白で溢れていました。精神的にみるとどうなんでしょうか?パナなんとか研究所みたいにならないように気をつけます。
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-29 18:12 | life
b0070083_17451089.jpgクリスマスどころか年越しできるのか?ていうぐらい仕事がたまって泣きそうです。イルミネイションを見ても大した感動も生まれず...。こんなすさんだ心を癒してくれているのがBlurの『Tender』です。車のなかではヘビープレー&歌っております。ゴスペルなコーラスが力を与えてくれるし、今の時期にぴったりじゃないでしょうか?歌詞もひとりもんの男には身にしみます。下手なクリスマスソングよりよっぽどクリスマスらしいです。もちろん24,25日も仕事です。25日は1日中外で鉄のパイプを運ぶというありがたいお仕事がお待ちしてます。
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-23 18:02 | music

やっと気温も下がり始め冬らしくなってきましたが、そこで冬にちなんである言葉を紹介したいと思います。

“寒さが人の気持ちを暖かくする。遠く離れている事が、人と人の心を近づけるんだ。”(『長い旅の途上/星野道夫』より)

今年はこの言葉に助けられました。皆さんの中で印象に残っている言葉などありますか?
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-19 23:50 | word
b0070083_18172238.jpg今年は邦楽でも平井堅とかドリカムなどいい曲がありましたが、特にハマったのが『マツケンサンバ2』です。最初は『どーせ企画モノやろ』と興味なかったのですが、先日テレビで見て...思わず口ずさみました、軽く踊っちゃいました。マツケンサンバ2の魅力はやはりあの振り付けだと思います。サンバとキラキラの和服というマ逆なものを見事に融合させています。あと歌い終わった後のマツケン氏のリアクションもクールで最高です。真のエンターテイメントじゃないでしょうか。DJとして見習いたいものです。でもって、マツケン以上に衝撃を受けたのが『カツケン』でした。
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-18 18:15 | music
今年もいろいろありましたが、1番の出来事は某美術館のボランティアスタッフに参加したことです。本当に素晴らしい経験ができ、考え方が変わったところもあれば今まで自分の中でどうだろ?と不安だったとこに自身が持てるようになり、参加して良かったです。またいろいろな人との出会いがあったのですが、特にスタイリストの大久保篤志さんとお会いできたのがとてもプラスになりました。もちろんぼくみたいな下っ端のスタッフではお話することはできなかったのですが、あのするどい『目』は衝撃でした。今まで自分が見ていたのはまだまだ狭い所だったんだと気付かせてくれました。また是非御会いしたいです。
この美術館のまわりには『自然』がたくさんあり、改めて『自然』に触れる事ができました。環境問題が深刻になって、『自然』を『残そう』とか『守ろう』という動きが活発になっていますが、何からすればいいか分からないのが実際の所だと思います。もちろんぼくもその一人なのですが、この美術館にきて感じたのが、その前にもっと『自然』を『感じる』ことが必要だということです。例えば花がきれいだとか風が気持ちいいとか、どこでも誰でも感じる事ができるささいな感覚を大事にすれば身近に『自然』を『感じる』事ができると思います。
ボランティアスタッフに参加したことでいろんな『きっかけ』を得ることができました。この『きっかけ』を生かすのはこれからの自分次第だと思います。無駄にしないように...
このボランティアスタッフはずっと募集しているみたいなので興味ある方は是非。
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-14 19:13 | life
ぼくの道楽mixCD『atom』の新作が出来上がりました。タイトル『beatdownbeat』です。すでにJammingway's Cafe、Flip Side、K's Muse、などで(たぶん)かけて頂いていると思います。配るのは1月くらいを予定してます。今回はラウンジセットの時によく使うダウンビートの曲で構成しています。今までの中で1番厚みのある選曲ができ、やっと理想の形に近付けました。ジャッケットは前回と同じ手作り紙ジャケットです(もちろん作る前にきれいに手を洗ってますので手アカまみれという事はないです)。1/27にatom@Jammingway's Cafeをやります。ゲストにぼくの師匠でdub/reggaeセレクターのアノ方をお呼びします。この人のプレイはヤバいです。ラウンジでさらに木曜日というCD同様あやしい感じですが、必ずいいモノにしますのでよろしくお願いします。

music has no boundaries!!!
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-10 18:55 | music
b0070083_17584467.jpgこういうのを待っていました。タワレコの『NO MUSIC NO LIFE』の写真集が出ていました。昨日、本屋で偶然見つけて高かったのですが即購入。個人的には民生×龍川の広島コンビと、具志堅用高の衣装にヤラれました。ぼくの下手な文ではよさが伝わらないのでとにかく見て下さい。
『NO MUSIC,NO LIFE/平間 至』
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-06 18:18 | book
b0070083_15574339.gif小さい頃から本嫌いでまともに読書なんかしたことなかったのですが、さすがにこれではイカン!とゆうことで今年からすこしずつですが本を読むようにしました。今年読んだ中で一番おもしろかったのが原研哉の『マカロニの穴のなぞ』です。この原研哉とゆう人はグラフィックデザイナー(無印良品の広告などやってます)でぼくが尊敬するアーティストの一人でもあります。この本は日経新聞で連載してたエッセイをまとめたもので読書初心者のぼくにもとても読みやすい!やはりモノを見る目が素晴らしいです。視野が広いだけでなくとても細かいところまで見つめてモノの本質を自分流につきつめています。文章もとてもやわらく思わず笑みがこぼれてしまう素敵な本です。あと挿し絵もユルくて文章とバッチリ合っています。残念なのは今は絶版で手に入らないということです。(ぼくは丸亀の図書館で借りました)持っている方がいらっしゃったら是非譲って下さい。
原氏は他にも展覧会を企画して世界的にも評価されています。その展覧会も本になっているのですが(『Re-DESIGN』『HAPTIC』)こちらもオススメです。
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-04 16:46 | book
b0070083_20155640.jpgあっという間に12月です。振り返るのは少し早いですが、今年はいろいろな事を経験でき充実してた思います。今後ここでもその一部を書こうと思ってます。最近、タンタン(アルファベットだとTin Tin→何か変な感じですが...)に似ているとたまに言われます。最初言われた時はタンタンが何の事かまったく分らず、語感だけで中国映画にでてくる子役かと思ってました。全然違ってました。自分では西洋人と東洋人、一重と二重、という大きな違いがあるため似ているとは思わないので不思議です。たまにクレヨンしんちゃんに似てる○○君などとテレビにでてるのを見るとほとんどがビミョーですが、たぶんぼくもその類いに入っていると思うと...。タンタンファンの皆様、どうもすいません。

Party Info.
quadruple
12.4(sat)22:00start @MIKAYLA
Aadv.3000yenn/1d door3500yen/1d
DJ:福富幸宏、野崎良太(Jazztronik),NABE
VJ:ツジタナオト

続☆ハンサムすぎる世界12.4(sat)
21:00start @Jammingway's cafe
adv.1500yen/2d door1500yen/1d
DJ:LOLITA KEI,D.S.K,サイカケイスケ,モリリョウタ,BUTCH,METRO,NACCI
VJ:NABE
MC:HYRO                  
[PR]
by fujita-ryr | 2004-12-01 20:53 | life
←menuへ