<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0070083_22423291.jpg行ってきました、nendoレクチャー@直島。
今までのプロジェクトについてのお話が中心。作品集を見てて結構自由にされてるのかなあと思ってたのですが、どのプロジェクトも予算や技術的な制約があってご苦労も多々あったそうです。写真の『絵本の家』では、現場(東京から船で2時間の島)には既に基礎が出来てて、おまけに予算の都合上、施工は他から呼べず島にいるたった一人の大工のみ。これぞnendoなお話でした。妥協もあったかもしれませんが、厳しい制約があったからこその作品なんでしょうか。

佐藤さんはヒジョーに軽やかな人だと思いました。
いろんな境界線をヒョイと飛び越えてしまう様な。そして互いをひとつにしたり曖昧にしたり、完全に切り離したり。そうできるのもその境界線がきちんと見えてるからだと思います。もちろん軽すぎるということはありません。『軽い』じゃなく『軽やか』。
深澤さんの作品と似てるんだけど全然違う、何が違うんだろうと思ってたのですがやはりこの『軽やかさ』でしょうか。
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-27 23:28 | art
b0070083_1831525.jpg海月書林の『いろは』第4号が3月に発売だそうです。

いやー、待ちました。
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-24 18:36 | book
b0070083_23184115.jpg一雨ごとに暖かくなる言いますが、冬も雨の少ない香川でも今月は雨の日が多く、3月を目前に春の気配がただよっております。
と、ベタな感じで始まりましたが、いい季節になってきました。写真はアネモネのつぼみです。えー感じでふっくらしてます。色が少々ブキミですが。今年の冬は例年になく寒かったですが、それにもマケズ順調に育ってます。アネモネに限らず、冬が寒ければ寒いほど春に咲かす花は、よりいっそう色が鮮やかになります。ただし開花が少し遅れますが。
この冬は厳しいものになりましたが、その分いい春を迎える事ができればいいですね。


ぼくは残念ながらいい春を迎えられそうにないなあ。
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-23 23:36 | life
b0070083_18233064.jpg本村ラウンジレクチャー『ライフスタイル』
第5回 佐藤 オオキ 氏(nendo
日時:2006年2月25日(土)14:00-15:30
場所:本村ラウンジ&アーカイブ(香川県直島町)
参加費:1000円
申し込み:BASN-archive@mail.benesse.co.jp

今週の土曜日はラウンジレクチャー最終回。
ミラノサローネで注目されてたnendoの佐藤オオキさんです。僕より1つ年上。同世代でこんなスゴイ人がいるとはね。何が違うのか、確かめてきます。

で、同じ日の21:00からイベントやります。今回もghost lunchトヨシマ氏などをゲストにお招きし、とにかくユル〜くやります。お暇な方は。

atom
2/25(sat)21:00start @caffe K's muse
no charge,lounge style
guest DJ:カラス(ghost lunch),T-ROY
dub.reggae.hip-hop...
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-20 18:38 | art
b0070083_1015226.jpg久々にちょっと変わったカップを購入。フィリップ・スタルクのBOATOO(ALESSI)です。(スタルクと言えばこれですが、地中美術館のトイレの便器もスタルクだったりします。)
デザインばかりが目立ちますが、使ってみると『!!!』ばかりで。細長い穴がありますが、実はフックに掛ける為のモノらしいです。もったいなくて、ちょっと出来ませんが。見ての通り取っ手が無いので、カップを直接持ちます。b0070083_10542842.jpgその為か、カップは肉厚、重量感あります。コーヒーも冷めにくいしね。底も手に熱が伝わりにくくする為に溝があり、ホント優しいつくりになってます。デザインも緊張と緩和のバランスが絶妙で。

スタルクさんはすごいシャイな人やと思います。
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-19 11:06 | life
b0070083_23102854.jpg

              安村崇 写真集『日常らしさ』

たぶん無意識のうちに、ぼくたちは日常の中に美をつくり出していると思う。
それは何気ない行動によりつくり出され、何気ない行動で埋もれてゆく。
そんな日常を切り取った、写真集です。
決して特別なものではありません。
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-16 23:26 | book

-



b0070083_1752543.jpg

[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-12 14:55 | p
『彼氏の誕生日を思い出せない女性のみなさん!!バレンタインデーで、贈り物を!!』

D&DEPERTMENTのGIFT PROJECTのコピーより)

これとは対照的なMeijiのCMも好きです。
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-09 23:01 | word
b0070083_22514741.jpgコーヒーチケットのデザインが出来上がり、本日はチェックをして頂きました。で、無事OK。3種類提案して、こちらが選ばれました(おふだ案は見事却下)。何も考えてないようなデザインですが、これでも無い知恵絞り出して作りました。
サイズは千円にちなみ千円札と同じ縦横の比率になってます。本当は有効期限などチケットに関する説明を入れるように言われてたのですが、多くを語るのはこのカフェには似合わないと思い敢えて入れませんでした。オーナーさんにも納得して頂き、謝謝。色はカフェの扉と同じ色を採用。縦型の長方形は扉の意味を込めていたので。チケット持ってカフェに来て、扉の前で『なるほど!』と思ってくれれば、ありがたいです。紙はオーナーさん指定のマット紙。このマット感はカフェの雰囲気にピッタリです。
このチケットはあるお店のオープン記念で配られるそうです。もし手にされた方がいらっしゃったら感想を頂ければ、ありがたいです。
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-05 23:19 | life
b0070083_187784.jpg最近は知り合いからイベントのフライヤーを頼まれる事がちょくちょくあります。今までは自分のイベントのしか作ったことが無いので、小心者の小生には非常にプレッシャーであります(もちろんプロじゃございません)。

またお話を頂いたのですが、今回はナント、コーヒーチケットのデザインです。大好きなカフェから依頼されたのでホントありがたい事です(コーヒーバカやし)。個人的にはチケットというよりも『お札(ふだ)』をイメージして製作中。気に入って頂けるか、いささか不安ですが。

(写真と本文は全〜く関係ないです)
[PR]
by fujita-ryr | 2006-02-03 18:26 | life
←menuへ